様々な分野の様々なヒトとtete-a-tete
舞台以外の場所で
タドコロカヤコはどう跳ぶのか


       
♯05 TETSUYA (Bugs Under Groove)
click!
2006/06

ホントに実現しちゃいました!
去年(2005)の舞台で意気投合して、このmeetsの話をしてきたのですが……
撮影現場に行ってカメラマンのハジメさんに会い、カヤコチャンのキメキメの髪の毛を見て…
まさかこんな本格的な撮影になるとは……
正直僕甘く考えてました(>_<) ホントすいませんm(__)m
しかし始まってからは、こっちが緊張する間もなく二人のペースに巻き込まれ…
いやぁホンっとに楽しかった(^O^)/
まさか自分がモデルとして出るとは!!! 
自画自賛のmeets写真集!僕が一番楽しみにしてるのかも(^O^)/
ちなみにカメラ買っちゃいました。そのうち僕にも撮らせてね!


TETSUYA
1972.1.1生まれ
180cm・ A型
ダンサー。
Bugs Under Grooveのメンバー。


kayako's comment

初の2人ポートレート。しかも男性。どうなるかしらとちょっと緊張。でも「同士」って感じのテツヤさん。こうしようああしようがイロイロ生まれて楽しかったのです。
これからも一緒にモノ作りできそうな予感。またの登場があるかも。ネ。


       
♯04 Youichi Tamaki
click!
2005/09

まさか折り畳み自転車とは…
僕なら断りますが。。。
しかし天気もよくサイクリングには絶好のコンディションでしたね。
これを機に田所さんの自転車行動範囲も広がったでしょう???
ちなみに僕はこの1週間後京都まで自転車で行きました。往復100Kmでした。
田所さんも次は京都まで????


玉置陽一
1972.1.1生まれ
178cm・ B型
WEBサイトディレクター
teteサイト構築を担う。

kayako's comment

玉置氏はマジ乗り自転車。アタシはマチ乗り自転車。楽しかったけど地図見てビツクリ。あり得ない距離なのね。でもちょっとクセになる感じ。京都までは行かないけど・・・次はドコいこ!?


       
♯03 Takashi Yuasa
click!
2005/03

僕にとっては18年ぶりの金剛山。小学校の時に登ったんだから、今なら楽勝!と思っていたが、なかなか過酷なものでした。
しかし下山中には雪が降り始め、綺麗な景色に大満足な僕たち!いやぁ良かった良かった!!
・・・・・んー、はたして田所さんはこの過酷な登山を本当に楽しんでくれたのでしょうか?女性にはかなり辛かったはず。
ごめんなさいね、田所さん!

湯浅 崇
1975.8.2生まれ
168cm・ A型
未来探偵社の劇団員
役者として活動。
blog

kayako's comment

寒い。いっぱい歩いた。でも・・・めっちゃ楽しかったのです。だって雪山。あんまり登る機会ないでしょ?強風で止まってたロープウエー&湯浅クンに感謝。おかげでステキなもの見れちゃいました。


       
♯02 Fumiko Komaki
click!
2004/08

このサイトをつくるにあたり、はじめに考えたのがサイトの 名前でした。 『tete-a-tete』とは「ふたり向かい合って」の意。 Kayako meets…のページにぴったりの名前です。
 かわいいロゴも完成し、ロゴTシャツを作ろう!とふたり盛り あがり今回の企画が実現しました。

小槇 史子
1974.8.8生まれ
152cm・A型
ハニカムビデオ社 在籍
デザイン・コピーを担当。
このサイトのデザインを手がけた。

kayako's comment

バツグンのセンスを多方面で発揮するコマキさん。teteのロゴがあまりに気に入ってしまってTシャツ作り。やっぱりカワイイ。これからますます一緒にイロンナモノを生み出していくのですよ。


       
♯01 Hajime Nakajima
click!
2004/08

七月某日 田所草子氏を撮る。
彼女の希望により初フォトセッションは屋外にて。
が、暑いアツイ。田所さんもスタッフも汗だくダク。
 フラフラの田所さんにキメキメポーズをとらせたギャグ写真
はお蔵入りに。ざんねん。

中嶋 一
1973.5.17生まれ
173cm ・A型
ハニカムビデオ社 代表
写真・映像を手がける。
今後もtete-a-teteにて
タドコロフォトを展開する。

kayako's comment

ハジメ氏と組む久々の撮影。彼の作品の世界観がとてもスキ。そこにどうやって生きようかしらと考えるアタシにシャッター音がハジメ氏のOKサイン。イチバン安心でイチバン緊張するカメラマンなのですよ。
これからも展開されるナカジマハジメ作品をお楽しみに。