冬朝
2005.11.30


夜が終わり始めた空。
朝になりかけの空。
空気がひやっとしてて
寒いけど妙にココロ落ち着く。

まもなく遅い冬が訪れる気配。
イチバン好きな季節。



イチョウ
2005.11.29


遅い色付きな銀杏。
同じ並びの木でも
黄色くなり方がイロイロで
不思議よね。
そして幹から遠い葉から色付くらしい。
新発見。



2005.11.27


賑やかな宴の日。
めちゃ食べ
めちゃ飲み
めちゃ喋る。
気づくと7時間が経過。
ビツクリ。

またね
って別れるけど
それがいつなのかは分かんなくて。
なんとなく寂しくなったりするけど
でもきっと『また』はあるから。
ネ。
またねぇ。



チルカミ
2005.11.25


髪を切ってもらいながら
ものスゴクぽやっとしてるジブンに気づく。
これと言って
何かに思いを巡らすコトもなく
ただひたすら
落ちていく
さっきまで体の一部だった
髪の毛を眺める。
床に落ちたとたんにゴミなのね。
とか思いながら。
一時完全思考停止。
シアワセ。



柿食う客
2005.11.24


たくさん戴いた柿。
お庭になったモノらしく
市販のモノと違ってあんまり甘くなかったりちょっと柔らかかったり。
でもやっぱり旬のモノは
旬に戴くのがイチバン。
めちゃ素朴でとっても美味。
ごちそうさまです。



日々成長
2005.11.23


友人宅の赤ちゃんに会いに。
ちょっとの隙に
めちゃ大きくなってて
ぷくぷくしてきて
可愛さ倍増。

この家族とこの部屋で過ごす時間って
いつも
いつ来ても
もう何年も変わらない癒しのトキ。
なんか日常ですり減ったトコロが
ゆっくりと 埋められていく感じ。

久々にゆっくりとお邪魔して
久々に一緒にご飯食べて。
またすぐにお子チャンとも一緒に食事とかできるようになるのよね。
「カヤコさん」
って呼ばれる日が楽しみ過ぎなのね。
はやくゆっくりおっきくなってね。



タント集う
2005.11.21


久々のタント集会。
お世話になったスタッフさん達と
1年ぶりにご対面。
もうすぐ解散して3年なのに
こうして会ったらフツーにお話しできるのがスゴク嬉しいのね。

そしてあたりまえなんだけど
みんなの状況が段々変わってきて
いつまでもこのままココに
とどまってるワケじゃなくて
それはとっても嬉しいコトで
そしてちょっだけ寂しいコトで。
でもまたこうやって
何年かに一度でも
会ったらきっとフツーなのね。

お互いのガンバリを確認して
またガンバロウって思える。

やっぱりいつまでも
T∀NTRYTHM
ってアタシの特等席にいる
特別な存在なのねと
あらためてそして素直に思う
3回目の冬なのです。



羊いらず
2005.11.20


なんだかとっても久しぶりに
ココチよく眠りについて
キモチよく目覚める。
夢見もよかった感じ。
こんな日は一日シアワセ。




レトロチック
2005.11.19


とっても古い建物のお稽古場。
の室内にある窓?
なんでしょ?
でも配色とフォルムが
ちょっと可愛らしいのね。



東京タワー
2005.11.17


話題になりすぎて
読むの敬遠してた本。

イタイ。
こころが。痛い。
お母さんの話はもちろんだけど
アタシ的にシンクロしすぎて
痛かったのは
看護士のくだり。
悔しさとか悲しさとか
癒えないリアルな感情が
いっぱいいっぱい出てきて
ただただ涙が止まらなくて。
鷲掴まれる心臓。



ホントに!?
2005.11.15


女4人芝居。
台本読んだだけで
スゴイ面白そうで
スゴイ大変そう。
タイトルは「ホントに?」
なのに
気分は「ホントに!?」。

初めて台本を読んだ日
稽古にも入ってないのに
夢で魘されてみたり。
初めての経験ね。
でもめちゃワクワクする。
きっとあっという間の一ヶ月。
タノシミ。ガンバル。タノシミ。



スキです
2005.11.13


自分のオウチみたいにくつろいじゃう友人宅で
ゆっくりした時を過ごす。

最近気づいたんだけど
カノジョと出会ってから
誰かに「スキ」って伝えるのを
恐れなくなった気がする。
カノジョはほんっと屈たくなく
オトコでもオンナでも
スキな相手には「スキ」ってコトバにする。
初めは「スキ」って言われて
そのストレートさに 戸惑ったけど
でも心がぽわっとする。
すごくワルクない。
だから今はアタシも伝えるのです。
「スキです」



ナベ週間
2005.11.12


ちょっと寒くなってきたので
ナベブーム到来。
今週食べた鍋たちは
とうがらし鍋
チゲ鍋
豆乳鍋
そして
鉄板鍋。
しばらく鍋はオヤスミで
と思いつつきっとまた食べちゃうのね。
だってナベブームだから。



読書のトモ
2005.11.11


夜おそおそに
あったかい紅茶を飲みながら
本をめくる。
なんだか時間がゆっくりながれ始めて
体の回りに滞留してる感じ。
ここちイイ時間。



止血バンド
2005.11.9


久しぶりに血を抜く。
もとい
抜かれる。
昔から
何回やっても
どうしても苦手。
チクッとした後に足が寒くなる感じ。
抜かれていく血は見られないし。

「ご気分悪くないですか?」
・・・ちょっとだけ悪いのですよ。



広島焼き
2005.11.8


広島焼きが食べたいな
って時に行くお店。
とっても美味でお気に入り。
でも実は
とんぺい焼きがイチバン美味しい
っていうのはナイショの話。



龍を飼う
2005.11.6


共演のダンサーさんの
腕に飼われた龍。
なんだかスゴイいい。
ホントにそこに
イキモノを飼ってる感じ。
それはその人自身の生命力なのかもなんだけど
そんなコト思ったコトもなかったから
自分でもビツクリ。
前に小説で
タトゥが生命を持つ
みたいなのを読んだことがあって
まさにそんな感じ。
ちょっとだけ
ホントにちょっとだけ
入れてみたくなる。
誰からも見えないトコロに
こそっとね。



メグコレ4th
2005.11.5








満席のお客サマと
めちゃ楽しい時間を過ごす。
でもせっかくのおっきな舞台
もっともっと遊んで
もっともっと駆け回りたかったのね。

今回初めて
活動の分野も拠点も
両方違う方と共演させて戴く。
なんでしょね。
やっぱりダンサーさんで
ダンスで感動を与えてくれるヒトは
お芝居しても勘がとてつもなく良くて
そして頭が柔軟。
表現者って意味ではダンサーも役者も一緒だから当然かもなんだけど
でも目の当たりにするとちょっと驚愕。
役者と共演するのとは違う刺激を受けまくる。

そして活動の分野と拠点が違うというコトは
また同じ舞台に立てる可能性がとっても低いというコトで
いつもとは違う
独特の悲しくて寂しい気持ち。
でもいつか
舞台に立ち続けてたら
また一緒になれるコトもきっとあるはず。
とちょっとだけ無理矢理思いつつ
ガンバラなくちゃだわねと精進を誓う。

たくさんのお客サマと共演者に
ありがとうなのです。



最終お稽古
2005.11.4


役者稽古の最終日。
狭い稽古場を飛び出して
明日はおっきなホールへ。
めちゃ楽しみ。
1000席の客席は
すでに SOLD OUT 。
遠足前のドキドキだね。



最終リハ
2005.11.3


ダンサーさんと合わせての最終リハ。
ダンスをじぃっっと見つめる。
みんなステキなんだけど
中でも大好きな
2人でだけで踊るシーン。
せつなくてせつなくて
胸がきゅうぅぅってなる。
セリフとかもちろんなくて
でもきっとないからこそ
美しくて悲しいのかも。
客席から観たいと切に思ってしまう。
きっと泣いちゃうね。



20度
2005.11.2


11月に入った途端
寒い。
朝晩はとってもひえっとする。
おコタツが欲しくなる。

おコタツ
お布団
マフラー
冬は気持ちイイものが多くてシアワセ。



ワンワンワン
2005.11.1


今日って
11.1だから
1(ワン)1(ワン)1(ワン)
でイヌの日なんだって。
知らなかった。
一体いつから?
ってコトは2.22はもしかして
ニャンニャンニャン
でネコの日なのかしら?
気になる。
要チェックなのね。