モチベーション
2006.4.30


モチベーション保つのって
難しいよねって
つくづく思うのね。
いろんなヒトがいて
いろんなやり方があって
その中で
自分がベストの状態で舞台に望む。
難しいけど
でもそれがプロデュース公演の
面 白いトコでもあったりもするし。
明日からホール入り。
ガンバルのですよ。



わたげ
2006.4.28


めちゃあったかで
久々に上着を脱いで
まっしろなシャツでお散歩。
あったか越して暑いくらい。
ふと見るとタンポポのわたげ。
そういえば最近いつも早足で
タンポポも見てなかった。
ちょっと反省。
フーと吹きたい気持ちを堪えて
風を待つ。
飛んでけー。



南極から
2006.4.26


南極の
何千メートルとかの地底から
運ばれてきた氷。
何億年も前にできたらしい氷。
割って食べたかったのに
どうにもこうにも砕けず断念。
むぅぅぅ。



泣く
2006.4.24


移動中
いつものように音楽を聞いてて
心臓キュゥってなったな
と思った瞬間
涙がポロッて。
自分のコトなのに
ワケがわからなくてちょっと動揺。
その曲のなにかが
自分でも分からない心の琴線に
めちゃ触れた。
みたい。
感受性感度あがりすぎ。



えにし
2006.4.23


なぁんとなく話が合うヒト
っているけど
なかでも
何か一つのコトでも
感性が近いヒトとお話するのは
やっぱり楽しくて
たくさんの刺激をもらう。

とってもシアワセなコトに
アタシのまわりには刺激を与えてくれる友人がたくさんいて
性別 とか年令とか関係なくて
ヒトとしてスキで大切な人たち。

なんかね
ここ数年そういうヒトたちに
たくさん出会えてて。
ただの縁(えん)じゃなくて
それは縁(えにし)って感じ。
そう思えるたくさんの出会いで
そのコトバを身に纏うモノとして
そこにあるモノとして
感じるようになった。
きっと昔はそんなコト分かんなくて
いろんな出会いをムダにしてたんだろうなって思う。
だからこそ今は大事にしたいのね。

紡いでいきたい縁。
紡がれてゆく縁。



ほえ
2006.4.22



お稽古な日々。
ほえぇぇなのですよ。



インドランチ
2006.4.21


すっごい久々インド料理。
結構ね
タイ料理とかメキシコ料理とか
香辛料バリバリ系スキらしいのね。

ナン食べてラッシー飲んで。
時間ができたら
お気に入りのインド料理屋さんに
行きたいの気持ち。



甘いお茶
2006.4.20


ガランとした店内で
桃のアイスティーを戴く。
なんかちょっとゆるり。
夜には大好きな友達にも会えて
「リラックス&リフレッシュできたよ」
なんてメールもらって。
なんかいいなぁ。
リラックス&リフレッシュて。

アタシもとっても
リラックス&リフレッシュできたのね。



ハナレテル
2006.4.18


なんとなく
ココにしっかり立てない日。
たまにある
現実生活にうまくココロが
ついていかない日。
なにってコトなく
なんとなく。
ふわっと浮遊。
着地をめざす。



meets
2006.4.17


ようやく実現した撮影。
イロイロな要素がいっぱい重なって
想像をはるかに越える
ハイクオリティーな作品に。

一緒にモノ作りしてくれる人々。
なんて人に恵まれてるのかしらと
改めて実感。
そして出会いにとっても感謝。

つぎつぎ産み出される作品。
このメンバーじゃなきゃ出来ないコト。
このメンバーだから出来るコト。
またコラボしたいのね。
っていうかするのね。
もう今から次が楽しみね。



エスカレーター
2006.4.16


めちゃ長い上りエスカレーター。
実はちょっと苦手。
足が竦んじゃう。
手すりをぎゅっと掴むのですよ。



あんしん
2006.4.14


お友達2人が住むおウチにお泊り。
すっごく楽しみにしてたのに
かなり早々に夢の中。
早朝に目覚めてめちゃへこむ。
話したいコト
いっぱいいっぱいあったのに。
2人といると安心しすぎなアタシ。
ガンバラずにいられるアタシ。
とってもスキなフタリ。
また行くねぇ。



ラブマック
2006.4.13


久々にパソコンと睨めっこしまくり。
新しいコトするのは大変ね。
それにしてもめちゃ遅なパソコン。
買い替えなくちゃと
何回も思うんだけど
あまりにデザインが気に入ってて
どうしても 思い切れず。
具合もあんまりヨクなさそうで心配。
も少し一緒にいてね
と撫でてみたりして。



恐るべし
2006.4.12


お稽古場に持ち込まれた
キャラメル。
食べた人は
クチに入れて
7秒後に悶絶。
驚異のジンギスカンキャラメル。



早くも
2006.4.11


そして
ゆっくりする間もなく
次のお稽古に突入。
稽古場は
実際に公演をするホール。
贅沢な気分ね。
こちらももちろんガンバルのですよ。



千秋楽
2006.4.9




あっという間に千秋楽。
全6ステージ無事終了。

いっぱい戸惑って
いっぱい悩んで
でもやっぱり楽しかったなぁーって。

ホール入りしてから
演出が何度も繰り返したコトバ。
「演劇は刹那ですから」
うん。そうね。
ホントそう思う。
だからきっと
ナニかを残そうと
もがいてるのかもね。

全てをバラシ終わって
ガランとなんにもなくなったホール。
また次の場所へ
ナニかを刻みにいくのです。



メガネ
2006.4.8


オープニングの
パフォーマンスのお衣裳。
スーツとメガネ。
そして左右に結んだ髪。
なんだか妙にお気に入りなのです。



イチバンのり
2006.4.7


どんな公演でも
ホールに早く入って
ゆっくりテンションあげるのがスキ。
まだ誰もいない楽屋で
スキな曲聴きながら
その日の公演に思いを巡らす。
儀式めいた大事なジカン。



初日
2006.4.6


劇場入口に咲く桜。
お天気もバッチリ。
なんだかヨイ気分。
初日の幕が開いて
改めて見えるコト
気付くコトもいっぱいあって。
進化し続ける。
あと3日。
あと5ステージ。
まだまだ良いモノを目指すのですよ。



仕込み
2006.4.5


いよいよ小屋入り。
舞台装置はシンプルだけど
小道具凝りまくりのミジンコさん。
ダンボールから生み出される
ポップ&キュートな数々の道具たち。
一瞬の登場を待ちわびる。
お見逃しなく。



雨の桜
2006.4.4


満開まじかの桜。
なのに雨。
まだお花見してないし
まだ散らないでー。



ラブリー
2006.4.2


鏡張りの広い稽古場。
そして衣裳を装着しての通し稽古。
あまりにラブリーなお衣裳に
ちょっと赤面。
キャーなのですよ。



シアワセな春
2006.4.1


4月初日に相応しい感じの
ぽかぽかな日。
まもなく本番のミジンコターボ。
そしてこの後
8月まで怒濤の本番ラッシュ。
1ヶ月1本ペースなんて久しぶり。
でもとってもシアワセなことね。
夏のバカンスへ向けて
ひた走るのですよ。