二日目
2006.6.30


今回のお芝居
かなり動きの多い2時間。
おかげで汗が止まる暇ナシ。
衣裳ももちろん汗だくだく。
疲れもますます。
と。
なんと出演者のお父さまが
気をあてに来て下さって
初めて気孔を体験。
施術して戴いてる間は
体ぽかぽかするなぁくらいだったけど
いざ終えると
体ほけぇぇなってだるだる。
気が入って脳から筋肉から
解放された状態なんだって。
気怠さにまかせてちょっとだけ休むと
軽くなる体。
人体の神秘を体感しつつ
お父さまにとっても感謝。
あと2日。
元気に走りまわるのですよ。



初日
2006.6.29


通天閣を眺めながら
初日の朝を迎える。
何回舞台に立っても
やっぱり初日は
独特の緊張感に包まれる。
お客サマに喜んでもらえるかどうか。
まずは一日目。
イロンナ思いを背負って
イロンナ思いを客席に
お届けにいってきます。



誕生
2006.6.28


血の繋がった
新しい生命が誕生。
その一報に思わず涙が零れる。
増えていく愛しいモノたち。
おめでとう。
ありがとう。
早く早く会いたいのです。



仕込み
2006.6.27


竹竹竹な舞台。
シンプルな広めな舞台。
ギャラリーもある。
階段も梯子も。
膨らむイメージ。
ト社って
音や明かりや すべてと一体になるコトがとっても必要。
だから
客席から完成した舞台を眺めながら
ひたすらイメトレ。
明後日には
その空間の中で生きるのね。
ちょっと恐くていっぱい楽しみ。



稽古最終日
2006.6.26


最後の稽古。
最後の通し。
明日からはホール入り。
これでオッケー
なんて絶対ないから
もっともっと
まだまだもっと
と欲は尽きないのです。



タルト
2006.6.25


ずっと食べたかった
お気に入りのタルト。
ようやく入手。
あっさりと甘さも控えめ。
ちっさいホールをペロリなのね。



なかま
2006.6.24


昔の仲間たちと久々の語らいの時。
みんな色々考えて決断して。
彼らと喋るのは
やっぱり他の誰とも違う。
何年も何年も
一緒に足掻き続けた仲間。
アタシはその
もう過去になったコトに
執着しすぎなの分かってる。
けどだからって
後ろ向いてるワケじゃないのね。
いつまでもイチバン好きで
とっても大切なだけ。
変わったけど変わらない。
彼らに恥じないアタシでいたい。
だけ。
ホントに会えてよかったのね。
な一夜。



とまる
2006.6.22


忙しい忙しい
ってなってると
いろんなモノが零れ落ちてるのね。
分かってるのに
なんとなく気が急く本番前。

ちょっと立ち止まって。

視界に入るモノ
思考の片隅にあるモノ
もいっかい確認。
そしてゆっくり歩きだすのね。



グルーヴ感
2006.6.21


いよいよ大詰めのお稽古。
通しもして課題山もり見えまくり。
グルーヴ感を大事にするお芝居なので
相手と意志の疎通が上手くできてないと露骨に舞台に出ちゃう。
あたりまえなんだけど
お芝居って
一人で作れなくて
だから大変で楽しいのよねと
改めて実感しちゃう。
そんなお芝居。



足袋
2006.6.19


初めてのロング地下足袋。
親指と人差し指のあいだっこが
ちょっと イタイのね。
でもブタの足っぽくて
なんだか可愛ゲ。



空を見ゆ
2006.6.18


外の見えるお稽古場。
っていっても見えるのは工場。
でもね
高かった太陽が沈んで
だんだん暗くなって。
夜になって。
それを感じられるのって
やっぱり大事。
だけど夕暮れを見逃しちゃって
ちょっと残念。



梅雨の日
2006.6.17


本格的に雨の日。
梅雨なのね。
一日休みなく降る雨の中
なぜか始まった追い駆けっこ。
まわりの止める声も無視して
どんどんどんどんエスカレート。
結果びしょ濡れ。
でもかなり楽しかったのね。
一瞬の童心。



明日への活力2
2006.6.15


昨日に続いて
今日は焼肉。
お気に入りのお店で
とってもスキな人たちと
心おきない時間を過ごす。
なんてほっこり。
つまらないコト気にせずに
明るく楽しくイクのですよ。



明日への活力1
2006.6.14


疲れのたまり始めたココロとカラダに
沖縄料理。
食物もお酒もめちゃおいしくて
ご満悦。
やっぱりこういう時間て大切よね。
元気になったココロを抱えて
ゆっくりぐっすりおやすみなさい。



断爪
2006.6.12


お稽古中の舞台が
殺陣ありまくりで
危ないので断爪。
思い切って短くしてみる。

白いトコが1、2ミリ。
こんなのかなり久しぶり。
中学生の身体検査思い出すのね。

2ミリはアウトだったなぁ
とか物思いに耽りながら
お気に入りの黄色のマニュキアを
ぬりぬり。
やっぱり短い爪には
ポップな色がお似合いなのね。
眺めまわしてシアワセ気分。



夜を駆ける
2006.6.10


夏がもうすぐそこな暑い日々。
夜の街を自転車で走る。
ぬるぅい空気の中
頬にあたる風だけは
ヒヤリと冷たくて
そのちょっと不思議な感覚が
心地よい。
もっともっととペダルを踏む。
夜を駆け抜けるのだ。



シロクマシール
2006.6.8


シロクマシロクマ
と連呼してたら
ホワイトプラネットシールを戴く。
2枚も。
シロクマやまもり。



シロクマ
2006.6.7


最近とってもシロクマ贔屓。
ペンギンがずっと
ダントツイチバンだったんだけど
動物園で出会ったシロクマが
あまりにカッコ良くて
惚れちゃったのね。
とシロクマ主演の映画を発見。
観たい観たい。観たい。



早い朝
2006.6.6


目が冴えてしまって
起き出してしまった早い朝。
ぽやっとしながら
明けたばかりの空を眺めてたら
今日が友人の誕生日だってコトを
突然思い出す。
バタバタ過ごしてたら
きっと忘れちゃってたのね。
早い朝に感謝しつつ
もすこし空を眺めるのです。



シアワセ式
2006.6.4


友人の結婚式。
シアワセがあふれてあふれて
こっちまでシアワセになっちゃう式。
これ以上ないくらいの愛情の眼差しで
彼女を見つめるダンナさまと
花嫁なのに
まったく気取らず気負わず
自然体で微笑む彼女。
そしてそのお腹に宿ってる新しい命。
この場に立ち合えたコトを
ほんとシアワセに思う。
そんなステキな結婚式。
どうかどうか
ずっとずぅっとシアワセで。



ダンスショーケース
2006.6.3


ダンス公演拝見。
なんだか
なんか分かんないけど
ぎゅぅっってなって
泣きそうになる。
楽しんで楽しませて。
やっぱりみんなカッコイイ。
とってもスキな人たち。
ジャンルは違くても
いつも刺激を与えてくれて。
いつもガンバローって思うのね。



meets公開
2006.6.1


ようやくお目見え。

ちょっと違うアタシが見れる。
かも?